小説載せる予定が、気がつけば日記の溜まり場。 そんなもんよ。
どこへいくいく 一九の道
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ちょっとしたぐちです
2012-08-13-Mon  CATEGORY: 一言系
 先日、さる作家さんと、Twitter上でやり取りしておりました際に、こんな話題になりました。

 ある絵描きさんのところに来たメールだそうです。→
 実際、絵を描く人と、描かない人たちの間で、ネット上のいわゆる「イラスト」の呼び方が異なる点につきましては、度々話題にはなっておりました。

 自分で絵を描く人は、ネット上のイラストを「絵」と呼び、

 自分で絵を描かない人は、同じものを「画像」と呼ぶ、と。

 (ちなみに自分は「作品」と呼ぶ機会が多いです。)





 絵を描く際の労力につきましても、声に出したい言葉は山積ですが、先に件のメールの数々の無礼につきまして、もうひとつ言及させて下さい。

 「借りて行きますね」では、作者の許可は下りていない事を。



 この状態で該当作品をどこかに載せた場合、当然「無断転載」になります。

 が、当人としては「借りると伝えてある!」ぐらいの気持ちでいるでしょうから、許可を出していないと後から忠告しても聞く耳持たずでしょう。



 悪いけど、絵を描いている人だって、あんたの為に描いたわけじゃないんだからね。

 持って行くなら持って行くで、相手の立場に立って交渉する、最低限のマナーを守りなさい。

 僕が命令しているんじゃない。サービスを受ける人間の、当然の義務です。





 絵を描く労力の話に戻ります。

 かつて同人誌で、表紙絵どうするよって相方に相談した時に、

 「取り敢えず描いてみろよ(´・ω・`)」と言われ、説教かましました。

 金を取るもの、ましてや表紙絵、取り敢えずで描けません。

 百歩譲って取り敢えず描くとして、数日では仕上がりません。

 数日で出来たとして、「取り敢えず」なのですから、没になる可能性が高いのです。それを見越しているから、そもそも「取り敢えず」で表紙絵なんて描きません。



 もちろん、無料で公開する事を前提で描く場合も、特に我々素人だと多いのですよ。

 だからと言って、無断転載していいとは、殆どの作家は思ってません。

 「ご自由にお持ち帰りくださいv」的なコメントがあるにせよ、絵の評価くらいあげて下さい。

 作者の筆名もあげず、どこから取ってきたのか誰が描いたものなのか分からない絵を並べないでほしいもんです。



 好きで絵を描いている人が多いのは事実です。

 しかし「好きでやっている事だから、無償で提供すべき」という考え方は間違っています。

 絵を描くのに、労力は掛かります。すげーかかります。時間もかかります。ぶっちゃけ金もかかるんです。

 そうまでして作り上げた作品を、何の対価も与えられずに奪われて、奪われた先で客寄せパンダのように扱われては、気分が悪いどころではありません。

 作家が無条件で偉いとは言いません。実力も努力もない有象無象もいます。でも、上手な作家は沢山の努力を重ねています。間違いなく努力しています。ある日突然うまくなった奴なんていません。生まれた時からうまい奴は、たまーにいますが。



 絵というものは、寝て起きたら出来上がっているものではありません。誰かが、手間暇かけてつくったものです。

 ちょっとの苦労で完成するものも沢山あります。しかし、どう考えても一週間以上かかっているイラストが、無償で取引されていると考えると、無関係の自分もやはりざわつきます。



 金を払えと言いたいのではありません。敬意を払ってほしいのです。媚びへつらえと言っているのではありません。せめて一言与えて欲しいのです。

「素敵な作品ですね、思わず保存してしまいました」とか。

「この作品を、私のところで紹介したいのですが、よろしいでしょうか。」とか。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 どこへいくいく 一九の道. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。