小説載せる予定が、気がつけば日記の溜まり場。 そんなもんよ。
どこへいくいく 一九の道
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
2010年の同人活動を振り返る~北陸本専
2010-12-28-Tue  CATEGORY: 同人関係
 同人イベントを振り返ろうのコーナー。
 次がいよいよ同人活動の一つの節目、オリジナル本に着手した「北陸本専4」でした。
・イベント名:北陸本専4
・日時:2010/05/23
・頒布物
 『歌今抄 第一話(明澄高校合唱部)』

 イベント自体「初の富山県!」と言う事でなかなかでかい意味があったんですね。大して出歩けなかったので良く分かりませんが。
 本専3だと女の子が本を買って行った記憶があるから、金沢の方が女の子来るのかなーと一瞬思ったけど、
 あくまで新刊『えんじぇ!』の話であって、既刊の『方舟』はきちんと金沢でもお兄さん達の手に渡っていっていました。

 さて本専4に話を戻すと致しまして。
 サクカに合唱の本、と書いた所為か、ボカロスペースの真横に配置されていました。
 ボカロは良く分かってませんが、そちら界隈でも東方人気がありーので話題には困りませんでした。ねぐさん今度なんか描いてくれ。パチュリーは却下で。
 思えば両サイドにサークルさんがいらっしゃった今年唯一のイベントでした。ホシノさんまたジャンプトークしようぜ。しかしどっちに話しかけて良いか終始悩んでましたね。
 ブロックノートが閉会まで1時間切った辺りで回ってきて焦る。何を描いたのか全く記憶に残ってませんので、大方毎度ながらの阿求でも描いたのでしょう。描きやすさソート第一位。キャラソート第二位。
 そうそう、サクカは骨折状態で作ってるから文字だけでしたね。ハハ……

 んでオリジナル本どーよって話になると。
 全然手に取ってもらえず。
 知り合いからも感想は来ない。読んでもらえてない。
 シリーズとして続けて行くにはかなり絶望的なスタートで御座る。
 まぁ、その日以来イベントあまり出てないからってのもあるけどね……。


 歌今抄の内容に関して。
 骨折治ったぜーと思い、少ない時間でなんとか仕上げた記憶がありますが。
 後から見てみたら、ものっすごい絵が簡単なんですよね……
 自分の筆が速くなったかなーと思っていたら、単に絵の質を下げたから時間がかからなかったという事実。
 補足しますと、骨はくっついたとはいえ骨折前の画力がそのまま残っているわけでもなし、勘に任せて描いていれば、形になっているようで実は手が追いついてなかったという。
 そんな意味でも、雪嶺一九初の黒歴史になりそうな作品ではあります。特に絵的な意味で。
 しかし後書き書いてて思いましたが、珍しくネタらしいネタがないんですよね。歌今抄漫画版。

 第二話?ええ、その内描きますよ……
 小説版の第三話は多分、現段階で既に第一話以上のボリュームになってそうですが、予定の四分の一も済んでないんだぜ……
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 どこへいくいく 一九の道. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。