小説載せる予定が、気がつけば日記の溜まり場。 そんなもんよ。
どこへいくいく 一九の道
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
東方十三次っていう企画について
2010-04-13-Tue  CATEGORY: 同人関係
 pixivにて、東方の聖闘士星矢パロ、題して『東方十三次』なんて漫画を製作&発表していたりします。
 リンクを追加したので是非見てね!←宣伝。

 んで、今回は後書き的な。言い訳的な。まだ十分の一も進んでないけど(現在第二話、多分二十話行っても終わらない)。
 第二話まで読んでから、「続きを読む」でお願いします。
 実は先日の例大祭で予告出した内容だったりするので、予告本をゲット&リードした方は既にご存知の「製作理由」から。
 〝『東方聖蓮船』て東方Project第十二弾だよなー、あれ、『聖闘士星矢』の十二宮とつなげたら面白くないかな〟が全てです。
 そんな訳で、各宮に歴代ラスボスを配置して、闘わせて……っていうノリで作りました。ハイ。
 ……そう───初めは、小さな悪戯だった。←最早誰も覚えていないだろう『春やねん』ヨリ。

・序章
 単純に聖蓮船の面子を十二宮に配置する理由を描く程度の意味合いしかありません。
 とは言え、この時点で既に未来の展開が確定しておりましたので、色々と無理が無い様に辻褄は合わせてあったり。
 ……聖の美少女好きは冬のコピ本からなのですが……ていうか命蓮寺メンバーは、寅丸以外は冬の仕様のままですね。いつかまたティーガーにしてやりたいなぁ。
 で、聖の美少女好きの理由が、今回(後付けとはいえ)明らかになる、みたいな。

 序章の絵は、写植以外は完全にsaiでした。ギプスつけてた頃なんですわ。
 取り敢えず、ギプスつけて描いた聖が今までで一番可愛い聖だったのがなんか複雑な心境だったり。
 一応、主役三人は目くらいは変化つけてるんですが……文章だと説明できないな。
 他のキャラも描き分けたかったので、命蓮寺メンバーも第三話以降の登場では顔が精悍になっていたりします。気にしないで!


・第一話
 白羊宮。聖闘士星矢だとムウが青銅聖闘士4人の聖衣直して、セブンセンシズについて話すだけって言う。
 我が『十三次』では、戦闘シーンが無いので、伏線張るだけに終わった感が否めない回でした。

 魅魔様を出したのは……羊から選んだのではなく、純粋に「最初はこの方が良い!」っていう、分かりやすく言えば「やりたいから」という理由です。
 まぁ、守護者は別の奴でしたが。
 早苗ちんが階段で目を閉じたのはギャグに映るかもしれませんが、分かる人が見れば伏線、ていうか配役決め。
 そして「必ず一人は残らなくてはならず、一人では宮を抜け出せない」というルールは、僕が勝手に作ったんですが……後々何度も出てきますよこのルール。
 ついでに言えば、このルールのお陰で、原作を読まれてしかもかなり勘の良い方には今回の作品の構成が見抜かれてしまいます。

 絵的には、取り敢えずギプスが外れてから描いている……はずですので、序章よりは見栄えの良い絵になっているんじゃないかなと。

 あ、扉絵。サムネ対策(最初のページを、クリックしないと読めないようにしたかった為)にと、扉絵を用意しました。
 「白羊宮、羊か。→泡を羊毛に見立てると面白いかも?→(深夜のテンション)→夜明けともに我に返る。→理性が湯気を増やし、色を消す作業を追加→現在に至る」
 カラー版は一応残してあるので、ページ溜まって再録本で出す機会があれば、掲載しようかなと。


・第二話
 金牛宮。初のバトル。
 個人的には原作のアルデバラン戦をよく8ページにまとめたなぁと自画自賛していたりします。
 伏線は追加も回収もなし、製作者側は描いていてスカッとする回でした。自画自賛。地蔵礼賛。関係ないか。

 夢美ねー。個人的には、おくうが出るまでは「一番好きなラスボス」だったりしました。人気投票も入れてたし。
 実際、描いた事のある旧作キャラって夢美とちゆりだけなんですよね(某所の新作予想企画にて)。旧作やった事ないけど、夢時空が一番好きだなー。音楽とか。
 可愛く描いた方が良いのかなーと思い、稲船ロックマンな雰囲気にしてみました(どこが)。
 ロックマンなら加治ロックマン、Xなら末次SENSEI画が自分の理想で、ってあれれ話がそれてるぞ。でもロックマンはいいよね。夢だったね。年齢ばれるね。

 表紙は最初、闘牛士でした。早苗ちんやる事ねーなってんで、肩車させました。
 乳牛コスとか牛骨被るとか牛肉食ってるとか色々アイデアあったんですが、肩車が一番面白いと思い決定、したところ闘牛士ではなくなった。
 そしてうっかりレイヤー統合しちゃったので加筆も修正も不可能、やるなら描き直し、あっちゃあ。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 どこへいくいく 一九の道. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。