小説載せる予定が、気がつけば日記の溜まり場。 そんなもんよ。
どこへいくいく 一九の道
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
2009年同人活動を振り返る~北陸本専3編
2010-01-12-Tue  CATEGORY: 同人関係
半年前のイベントですなぁ。北陸本専。
今年も出たいけど、その前に振り返ってみますけ。
 2009年6月14日。石川。
 北陸での『同人誌』オンリーイベント。ジャンルではなく発表形式にのみ制限がある。その為か、来場者の嗜好が制限されていて誤解も少なく、かなり評判が良い(らしいよ?)イベント。
 我ら『192』は、ここで初めて金沢に……っつーか東京以外に進出。しかも『うみねこのなく頃に』(当時はEp.4が最新)で初の脱・東方!

 相方ともども「印刷所には相手が掛け合っている」と思っていて正面から〆切ぶち破ったという、製本面での黒歴史。
 雪嶺はここで学習するが、後にかくには同じ過ちを繰り返す。
 っつーかここで三日徹夜とかしたのね、雪嶺だけ。コピー本のくせに分量的に200円になるから、せめてクオリティ上げようとキャラ紹介とか入れて。

 傾向的に、雪嶺は右側のサークルさんとよく話をするらしい(この時の左側が女性向のサークルさんだってのもあるけど)。
 例外と言えば、2008年の「月の宴」で、自分がスペースの左にいたので左のサークルさんと話して……2009年末の金コミでは誕生日席で右がいなかったので左のサークルさんと話したくらい?
 なんか、右側の人が関西人だったり大学生だったり地元近かったりで話しやすい人達だったのよ。


・持参品
新刊:『えんじぇ!』
既刊:『方舟』
補足:「御伽噺食堂」の宣伝用のコピー本。


 ベアトは好きくないし、戦人は話が浮かばないし、縁寿なら話作れるかなーと思い縁寿メインと書いて、その実はオールキャラな4コマ。ネタバレに留意しようとかいう心は最初だけあった。
 留弗夫を缶コーヒーのBOSSにしたり、楼座をパワプロ的なボディにしたりと当時の自分の発想が妬ましいです。ぱるぱる。
 コピー本にした時に偉く線が細くなり、一部キャラや台詞が消えたという。まぁ、源次さんと夏妃なんですが。
 あれ?そう言えば手だけ白い人、Ep.6だと違和感なかった気が。

 うみねこは雪嶺の中ではEp.3が至高なので、それを超える話が出たらまたやろうかなぁ、二次創作。


 「御伽噺食堂」は雪嶺が多分最近で一番感動したゲーム。デビュー作がこれですか、はぁ。
 本編の続きが出たらまた宣伝本作るよ!きっと!勿論「亨総受」でなぁッ!


 ここまで新刊の話をぐだぐだ続けてきましたが、なぜかこのイベントでの一番の売れ筋は『方舟』でした。東方だからか?小説だからか?オフセだからか?
 そして『えんじぇ!』を手に取った数少ない方々、知人を除けば皆さんお若い女性でした。中を開く事もなく「下さい」と仰いました。
 ……この事実が、後に雪嶺に策を与えるが、その策は奈落へ叩き落とさるる片道切符と化すのだった。
 あ、北陸本専では提出した見本誌を立ち読みコーナーに置いてもらえるので、スペース前で中も見ないで買われていくのも不思議ではありませんぜ。


 北陸本専、今年は富山だそうです。サークル参加を検討しておりますが、その際の内容は今度こそ、オリジナル本出そうと考えております。
 皆、富山行こうぜ!富山って日本海側にあるんだぜ!蜃気楼見えるんだぜ!ホタルイカって食べられるんだぜ!海の情報ばっかりって……山の事は知らん。


 次はいよいよ?「月の宴」か。ペンタブやらSaiやらを使い始めた頃だな。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 どこへいくいく 一九の道. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。