小説載せる予定が、気がつけば日記の溜まり場。 そんなもんよ。
どこへいくいく 一九の道
『仇果し編』
2007-08-09-Thu  CATEGORY: 代果し編
続きまして。ていうかこっちから見る人もいるのか?では改めて説明を。
今年春に募集が始まり、ただ今選考の最中かと思われる、第二回「ひぐらしのなく頃に」小説大賞。
それに雪嶺一九として送りました(投稿?)作品はふたつ。
ここに載せます『仇果し編』は原作部門として発表しました。落選しましたが。


こちらも字数オーバーしました。本来予定していたシナリオ全体の内、前半部分、つまり3分の2にすら届かない分量。
作品が一九のものにしては珍しく三人称で展開されていくのは、語り手が実は後半から表舞台に主人公として登場する誰かさんだから。前半だけ見たら、単なる三人称小説にしかならなかったと言うわけ。


大幅カットしたのが悔やまれる作品なので、ブログで掲載する時はディレクターズカットと称して字数に捉われずに書き切るぜ!と常々思っていましたので、やってみたいのですが……いい加減卒論に手をつけろと脅されまして、更に他の投稿用の作品にも着手して行きたいものですから、中々時間がないと言うところ。
ちなみに元々のタイトルは、これも昔書きました通り、『代果し編~最果ての復習劇~』です。
投稿時は、後半ないからこのタイトルじゃまずいな、ということで『仇果し編』と名付けました。


取り敢えず発表用のものをそのまま掲載します。

後々にちゃんとディレクターズカット版を掲載し、自己満足を謀るので、もしも「おもしろいな」と感じていただきましたら、楽しみにお待ち下さい。
感想募集中よ。

では前置きが長くなりましたが、どうぞ。


雪嶺一九版:ひぐらしのなく頃に
『仇果し編』
つづきを表示
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/03 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005 どこへいくいく 一九の道. all rights reserved.